父の日の花は黄色のバラ でも花言葉のせいで我が家では違うのにします


父の日の花は黄色いバラと決まっているらしいのです。
でもね、うちは違うの。
だって、父の日の主役=父が黄色いバラが嫌いだから。
で、それなら何にするのということで。

スポンサーリンク
  

父の日の花が黄色いバラの由来は?

父の日が始まったのは、アメリカのドット婦人の提唱によるもの。ドット婦人のお父さまは、男手ひとつで6人の子どもを育てたそうです。
父の日の花がバラなのは、ドット婦人が父の墓前に白いバラを手向けたからといわれてます。
父の日の最初の祝典は、1910年に行われました。このとき、列席者は父が健在なら赤いバラ、死別していたら白いバラを身に着けたといいます。

それがなぜ黄色になったのか…。

父の日の風習が日本に伝わり、1981年には”「父の日」を国民的な社会行事に発展・定着させることを目的とする”日本ファーザーズディ委員会(FDC)が設立されました。
FDCでは「黄色いリボンでお父さんに贈り物をしましょう」とうたい、「父の日黄色いリボンキャンペーン」開催しています。

これが父の日にバラを贈る風習と融合して、「父の日は黄色いバラ」になりました。

スポンサーリンク

黄色いバラの花ことばが

黄色いバラは、元気でキュートなイメージ…と思うのですが、うちの父は嫌いなんです。
どうしてー?と聞いたら、「花言葉が嫌い」だそうで。
どこで仕入れた情報でしょうか(苦笑)

で、調べたところ。

黄色いバラの花ことばは、
友情・献身・可憐・美・さわやか・あなたを恋します
だそうで。すてきじゃないですか!

ところが…。
嫉妬・薄らぐ愛・恋に飽きた・別れよう・不貞
の意味もあるとか!これかーー!

父の日の花は何にする?

「花言葉が嫌い」との理由で、我が家の父の日は、主役の意向を尊重して黄色いバラは却下されます。

ではどうするの?ということで、我が家では2通りのパターンのいずれかを採用。

黄色じゃないバラにする

アメリカでは赤だったので。赤いバラ
念のため花言葉は「情熱・愛情・あなたを愛します・美
これなら、父も納得かと。

オレンジ色のバラ
花言葉は「絆(きずな)・信頼
家族にぴったりな感じ。

黄色い別の花にする

可愛いのはガーベラ
花言葉は「究極美・究極愛
いい感じ!

まとめ

父の日は、父に感謝する日。主役はお父さま。
なので、父上の意向を尊重したいなーと思う娘なのでした^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。