お中元の選び方のポイント 定番の品と贈ってはだめなもの

お中元に何を贈るかを考えるのは、楽しいけれど、ちょっと大変。
ここでは、お中元の選び方のポイントと、平凡でも安定した定番の品、贈ったらNGの品についてお話しします。

スポンサーリンク

お中元の選び方のポイント

お中元は、お世話になった方への感謝の気持ちを伝えるもの。
相手に喜んでもらえるものを選びたいですね。
選ぶポイントは、相手の家族や好み、ライフスタイルなどを考えるといいでしょう。

家族構成

お子さまがいるおうちには、子どもが喜ぶお菓子やジュース
お年寄りがいるおうちには、体にやさしいもの
大人数のおうちには、量が多いもの、分けやすいもの
などをお贈りするとよいでしょう。

相手の好みや制限

食べ物、飲物などの好みがわかっていれば、それに合わせて選ぶのもいいですね。
逆に、健康に不安がある方には食べ物ではなく、日用品がいいでしょう。

季節感

うなぎやそうめんなど夏らしい食品
アイスやゼリーなど、涼しげな食品

スポンサーリンク

保存がきくもの

少人数のおうち、多方から頂き物があるおうち、旅行などでお留守になるおうちには、日持ちのするものを選びましょう。
例えばレトルトや調味料などが安心です。

特産物

地元の銘菓や珍しい食べ物などをお贈りすれば、印象深いものになるでしょう。

お中元の定番

個性はないけれど、安定して「お中元」の定番として贈られるのは、
ビールやハム、ソーセージ、ジュースやフルーツなどがあります。

相手の好みが確認できていれば、毎年同じものをお贈りするのもいいですね。
毎年届くものとして、覚えていてもらえます。
(好みでないものが毎年届くのはつらいので、確認できていることが肝心)

お中元に贈ったらだめなもの

食品以外のものを贈る場合、贈ってはいけないものがありますので、注意しましょう。
たいていは、品物の特徴から連想されるNGワードが根拠になっています。
他には、贈る品がもつ意味で、相手にそれが不足してるってこと?と解釈されるものです。

  • 靴・スリッパなど……踏みつけることを連想させます。
  • 刃物……切る(縁を切る)ことを連想させます。
  • 衣類……身だしなみがみすぼらしいってこと?

まとめ

お中元に限らず、贈り物は相手を思って選ぶのがポイント。
喜んでもらえる、ぴったりのお中元選びできますように!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。