読み聞かせ一覧

紙芝居 絵本とは違う読み方 演じ方のコツ 準備から上演まで順を追って解説

読み聞かせの現場では、おはなし会などのプログラムのなかに、絵本のほかに紙芝居を組み込むことがあります。絵本と紙芝居は、どちらも絵と言葉によっておはなしを伝えます。けれどもその伝え方には違いがあります。ここでは、紙芝居の絵本とは違う特徴をみながら、読み方(演じ方)について、順を追って解説します。

紙芝居 絵本とは違う見せ方 「舞台」と「ぬき・さし」

読み聞かせの現場で、子どもたちは紙芝居が大好きです。子どもたちを惹きつける紙芝居の魅力とはどんなものなのでしょうか。 絵本の読み聞かせはしたことがあるけれど、紙芝居は未経験。興味はあるけれど、自分にできるかな?という方のために、紙芝居の特徴をみながら、絵本とは違った見せ方について解説します。

赤ちゃんが絵本をかじる。いつまで続くの?読み聞かせにはまだ早い?

赤ちゃんに、絵本の読み聞かせをしたいのに、ページをめくると邪魔をするし、なめたり、かんだりで、ぜんぜんお話を聞いてくれない。読み聞かせにはまだ早いのかしら? そんなママの疑問にこたえて、絵本の扱い方、読み聞かせの取り組み方についてお話しします。