赤ちゃんへの読み聞かせの効果と読み方のコツ・絵本のおすすめ紹介

 絵本の読み聞かせは、赤ちゃんのころからをすると良いといわれています。
 でも、赤ちゃんはまだ目もよく見えないし、言葉もわからない。
 どんな効果あるのかしら?どんなふうに読んだらいいの?
 そんなママの疑問に答えます。

スポンサーリンク

赤ちゃんへの読み聞かせの効果

赤ちゃんの知覚

 生まれたばかりの赤ちゃんに見えるのは、ぼんやりとしたモノクロームの世界。
 生後1・2か月ころから、赤や黄などはっきりした色が認識できるようになり、動くものを目で追うようになります。
 月齢を重ねるごとに、人の顔、目・鼻・口のパーツ、表情がわかるようになります。
 手元の細かいものを認識するのは、1歳近くになってからです。

 聴力は、ママのお腹にいるころから準備ができています。
 はじめは「音」として聞こえ、生後3か月を過ぎるころからは「声」に気づきます。
 いろいろな音の違いを感じながら、声のなかから「パパ」や「ママ」などの「単語」を真似るようになります。
 やがて1歳になるころには、それら単語の意味を知って「言葉」として理解します。  「おはなし」がわかるようになるのは、もう少し先…。

読み聞かせの効果・自己肯定

 このように、視覚や聴覚、言語の理解だけを考えると、赤ちゃんに絵本を読んでも無駄なのでは?と思われるかもしれません。

 でも、赤ちゃんへの読み聞かせの意義は、自分を大切に思ってくれる人が、自分のために語りかけてくれているという体感にあります。
 

 大好きな人のぬくもりを感じながら聞く、大好きな人の声。
 大好きな人が自分のために絵本を読んでくれている。
 この体感は、自分が愛される存在であること、自己肯定につながっていきます。

読み聞かせの効果・ママもしあわせ

 また、読み聞かせをすると、脳内ではすてきな変化が起きてるという研究があります。それは、前頭前野の血流の動き。この血流の変化によって、「心が癒される」「リラックスする」「精神的に落ち着く」効果があらわれるといいます。
 これは、聞いている赤ちゃんばかりでなく、絵本を読むママにもあらわれる変化だそうです。
 黙読で読書をするときと、赤ちゃんに読み聞かせをするときでは、前頭前野の血流が違い、とくに「やさしく簡単な本」「慣れていて読みやすい本」を読むときに、効果があらわれるそうです。
 赤ちゃんのお気に入りの絵本がみつかったら、何度もくりかえし読むのもいいですね。

赤ちゃんへの読み聞かせのコツ

 おうちでの読み聞かせは、コミュニケーションを楽しみましょう。
 きっちりしっかり完璧に読む必要はありません。

スポンサーリンク

 体勢は、赤ちゃんを膝に乗せて、後ろから支えながら、同じ方向を向いて。

 まずは、優しくゆっくり絵本をひらいてください。
 絵を見ます。どんな絵が描いてあるかな?と眺めてから、文字を読みはじめるといいでしょう。

 発声は、特別に声を変える必要はありません。
 動物の鳴き声や、もの音などは、読みたい気分で読んじゃいましょう!!
 (あるとき、ふざけて全部を宇宙人ぽい裏声で読んだら、ゲラゲラ笑っていました。たまにはいいかも^^)

 ページめくりは、赤ちゃんのペースにあわせて。
 ゆっくり話しかける気持ちで、読み進めましょう。

 言葉に合わせて絵に注目してほしいときには、指で絵を示します。
 例えば、ページに赤・青・黄色の丸の絵があって、「赤い丸」と読むときに、
 赤い丸の絵を指さします。
 月齢がすすむと、一緒に指差ししてくれます。^^

 かしこまった朗読ではないので、途中で赤ちゃんが喃語で参加してくれたら、無理に読み進めずに聞いてあげてください。

 手が動くようになると、赤ちゃんは自分でページをめくりたくなって、順番に読めないこともあるでしょう。そんなときには、いったりもどったり、お気に入りのページにしばらく止まってもかまいません。

 始めから終わりまで、順番に全部読めなくてもいいのです。
 途中でイヤイヤになったら、そこでおしまい。

 赤ちゃんのご機嫌次第で楽しみましょう

赤ちゃんへの読み聞かせ・絵本のおすすめ

絵本の大きさ・素材

 赤ちゃんは、1歳前後から、絵本をかじったり、破ったりが楽しくなる時期があります。 赤ちゃんが自分で自由にさわれる絵本としては、乱暴に扱っても破れにくい、厚紙でできた絵本(ボードブック)がいいでしょう。角が丸く、薄い紙で手を切ることもないので、安心です。
 大きさは、赤ちゃん向け絵本として多く出版されている20cm以下の正方形のものがいいでしょう。このタイプの絵本は、大きさも重さも、赤ちゃんが自分で持てます。
 

小さい絵本

『いろてんまるてん』中辻悦子/作 福音館書店
 赤い丸青い丸。小さな丸大きな丸。いろんなまるが、くっついたりならんだり。

絵本の内容

 1歳までの赤ちゃんは、絵や言葉の楽しさを体験することが楽しい時期です。
 初めは、はっきりした色使いの、くりかえしの音が楽しい絵本がおすすめです。
 つぎに、食べ物や乗り物、生活に関係あるもの、動物がでてくるものがいいでしょう。
 そしてなにより、ママ自身が楽しい気持ちで読める本を!!

大きい絵本

『もこもこもこ』谷川俊太郎/文 元永定正/絵 文研出版
『もけら もけら』山下洋輔/文 元永定正/絵 福音館書店
ふしぎな擬音だけの絵本。どちらも、声に出して読むと、自然とリズムが生まれます。

大好きな人に読んでもらう絵本の時間が、赤ちゃんにとって、とびきりのハッピータイムになりますように^^

赤ちゃんが絵本をかじる。いつまで続くの?読み聞かせにはまだ早い?
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。