読み聞かせボランティア・絵本の持ち方、ページのめくり方


 学校や幼稚園・保育園、児童館、図書館など、みんなの前での読み聞かせは、おうちで読むのとは違って、ちょっと緊張しますね。読み聞かせボランティアを始めたけれど、何をどう読んだらいいのかも分からない…と、とまどうこともあるでしょう。
 ここでは、はじめての読み聞かせの前に知っておきたい、絵本の持ち方、ページのめくり方を解説します。

スポンサーリンク

読み聞かせ・絵本の持ち方

状態を確認する

 始める前に、本番中に滞りなく読めるよう、絵本の状態を確認しましょう。 
 古い絵本は、落書きがないか、見苦しい補修跡がないか、確かめます。
 新しい絵本は、カバーをはずし、開きグセをつけます。
 開きグセをつけるには、机など平らな場所でページを開き、ノド(綴じられている部分)を押さえます。これは、読むときに、ページが平らにきちんと開くための、些細にみえて大切な準備です。これにより、ページがノドの上から下までしっかりと均一に開き、湾曲したり、戻ったりしにくくなります。また、持ちやすくもなります。

持ち方

 子どもたちが椅子に座る場合には立って、床に座る場合には椅子に座ります。

 装丁が右開き(表紙の左が背)・文字が横書きの場合は右手で、左開き(表紙の右が背)・文字が縦書きの場合は左手で持ちます。これは、ページをめくる方向に関係します。

 親指とその付け根全体で、絵本の背側を支えます。のこりの指で開いたページのノドを押さえます。このとき、指が絵を隠しすぎないよう気をつけましょう。

 脇を締め、絵本が体と重ならないよう、肘から先は横に広げます。絵本が前後左右に傾かないよう手首で調整します。紙質によっては光を反射することがあるので、会場の照明も考慮しましょう。
 このとき、しっかりと絵本を持てていれば、手首の動きは自由で、絵本の内容によって、絵本に小さな動きをつけたいときにも対応できます。

 絵本を持つ高さは、肘が直角または緩い鈍角で安定します。大きく重い絵本の場合は、机や膝で補助する場合もあります。絵本自体は、肩よりも下になる位置がいいでしょう。これは、絵本のすぐ横に読み手の顔があると絵本への集中がそがれること、読み手にとっては目線が上になると文字が読みづらいためです。

スポンサーリンク

読み聞かせ・ページのめくり方

表紙からタイトルページ

 まず、表紙を見せ、タイトルを読みます。それから、表紙に目線をやり、聞き手の目線をうながします。
 会場全体を見渡して注目を確認してから、ゆっくりと表紙をひらきます。
 見返し、扉、タイトルページと、順番にもらさずめくります。見返しが無地でも、省略せずにきちんとめくりましょう。
 表紙から本文までのこの数ページは、おはなしが始まる前の、静かな導入部分です。無言でも、「さあ、いよいよ始まるよ」ということが伝わるように、ゆっくりとめくりましょう。
 タイトルページで止まり、もう一度タイトルを読みます。
 タイトルページをめくり、いよいよ本文です。

本文

 絵本の内容は、絵と文のバランスが様々あります。文が少ない場合は、読み終わってもすぐにページをめくらず、じっくりと「絵を読む」気持ちで、しばらくページめくりを待ちましょう。逆に、おはなしの展開によっては、パッとめくったほうが効果的な場合もあります。内容にあわせて、めくり方も工夫してみてください。
 ページのなかで、注目を促したい部分があったら、そっと指し示します。

 ページは、手前から向こう側へ、ゆっくりとていねいに、送るようにめくります。
 絵本を持っていない側の手で、ページの角から1ページをとり、少し浮かせて空間をつくります。ページを送りながら、ノドに添えた指で受け止め、補助します。
 めくる手は、ノドのあたりかそれより前で指を離します。めくる手が、腕で絵本をさえぎらないよう気をつけましょう。
 ここで、はじめにきちんと開きグセがついていれば、無理なく送ることができるでしょう。そうでない場合は、ページ上部までめくる力が届かず、次のページが浮いてしまいます。

奥付から裏表紙

 始まりと同じく、本文を読み終えたあと、奥付から裏表紙まで、ゆっくりとめくりましょう。余韻の時間です。
 最後に裏表紙を見せて、ひと呼吸おきます。
 もう一度、表紙を見せて終了します。
 このとき、表紙と裏表紙がつながった絵のときには、広げて見せましょう。

 絵本の読み聞かせには、「読み聞かせる」だけでなく、絵を「見せる」要素があります。
 ページをめくることは、おはなしの流れを追うだけでなく、見せ方をコントロールすることでもあります。
 基本を押さえつつ、絵本の個性にあわせたページめくりができれば、絵と文でできた絵本が、いっそう魅力的に、いきいきと動き出すでしょう。

 子どもたちが、ひとりで読むのとは別の、もうひとつの絵本の楽しさを満喫できますように。

読み聞かせボランティア・絵本の読み方と声の出し方
読み聞かせボランティア・絵本の選び方。見るため聞くためのポイント
おはなし会・プログラム概略。会場設営から挨拶、お話し、終了まで
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。